伝統とモダンの日本ブランド 鎌田工芸社

menu

鎌田工芸社について

鎌田工芸社は、「木工」「表具」「塗装」を主体にモノづくりしている会社です。
近代工作機械の活用と繊細な手しごとを生かし、多種多様なご要望にお応えしています。
また、木材と別素材を組み合わせた自社ブランドの商品展開も行っております。

木工

充実した⽊⼯加⼯機(NC旋盤、レーザー加⼯機、丸のこ盤、
かんな盤、⾓のみ機、リップソー、モルダー、ワイドサンダー、ベルトサンダー)などを設備。

これら加⼯機の活⽤と、機械ではできない⼿仕事により、⼤⼩さまざまな⽊製品の製作や依頼品の修理をしています。

取り扱い⽊材:キハダ、杉、松、桐、タモ、ヒノキ、楓、桜、
ウォールナットなど。

表具

糊と刷⽑を巧みに使い、紙やキレ(織物)などを⼿作業で張り込み主に屏⾵を製作しています。
⾵炉先屏⾵、利休(⽔屋)屏⾵、⼤勝⼿、
4曲屏⾵、6曲屏⾵、別注・別寸屏風など。

本紙(書、画など)の裏打ち、張り込みや
扇子のめくり、裏打ち、張り込みなども行います。

その他、屏風や額などの修理。
上張りの張り替えや椽(ふち)の交換など。
襖、障子の張り替えも行います。

塗装

ウレタン塗装

主に黒真塗、黒掻き合わせ塗。
その他ご要望の⾊で塗装しています。

鉱物性顔料を使用した染⾊

北海道産キハダ材を染色した⼥桑仕上げ。

⽊地物の仕上げ

⽩蝋磨き、ワックスコート、ガラスコーティング、⽊地仕上げ。

自社ブランド

蓬春堂

茶道具・インテリア

あなたの大切な道具を
いつまでも使い続けてほしい。

【木製茶道具】風炉先屏風、水屋屏風(利休屏風)、大勝手、四曲屏風、六曲屏風、別注屏風、立礼棚、置き水屋、棚物、別注品 など
【インテリア商品】創作インテリア屏風、創作商品、別注品

を製作するオリジナルブランド。その中でも風炉先屏風は国内で唯一、種類豊富に製作しているメーカーです。

蓬春堂の茶道具用屏風は、古来より伝承された技法を基礎とし、近代工作機械の粋と長年の熟練された技との集合体であります。
襖下地は国産杉材の白太部分を井形に組んだ組子を使用し、これに日本特有の和紙を用いて、骨シバリ(紙を貼る)をし、受け張り(紙を浮かせて貼る)をし、そして上張りをしております。また、女桑椽は北海道産のキハダ材を天然の鉱物性顔料で染色し、白蝋で磨き仕上げをしております。それぞれの持味を十分に活かしたもので、特に侘び寂びを好む茶道具として、必ず皆様のご満足をいただけるものと存じております。

いずれの商品もご要望に応じてサイズ違いや屏風の上張り変更など、オーダーメイドでの製作もいたします。また、修理(自社、他社製品問わず)も可能な限り対応しております。
まずはお問い合わせよりお知らせください。

Terzetto

雑貨

三つの要素が奏でる奇跡をもとめて。

Terzetto(テルツェット)はイタリア語で三重奏あるいは三重唱の楽曲、およびそれを演奏または歌唱する三人組を意味する言葉。
三つの要素が奏でる奇跡をもとめ、異なる要素を組み合わた商品を創作するオリジナルブランド。

日本の伝統文化の一つである茶道の道具製造に長年にわたり携わってきた「伝統」と三代にわたり受け継いできた「技」を基に、皆様の感性に語りかけ、心にゆとりと潤いをもたらし、暮らしを豊かにできる商品作りを目指しています。

有限会社鎌田工芸社

会社情報

称号 有限会社鎌田工芸社
事業内容 木製茶道具製造卸売業
創業 昭和23年 法人化(昭和47年)
資本金 10,000,000円
TEL 0865-64-3216
FAX 0865-64-3616
取締役 石井 基広
本社 〒719ー0301
岡山県浅口郡里庄町 大字里見5978-1
主要取引先
順不同
株式会社 岡本八造商店
有限会社 利久堂
株式会社 理光商店
株式会社 小森商店
株式会社 大崎商店
株式会社 アカセ木工

沿革

  • 1948昭和23年初代 鎌田士郎が家内業として営む
  • 1960昭和35年岡山県笠岡市大塚で仮工場にて営業
  • 1969昭和44年岡山県笠岡市五番町へ工場を建設
  • 1972昭和47年有限会社鎌田工芸社として法人化 鎌田士郎が代表取締役社長に就任
  • 1985昭和60年杉本知之が二代目代表取締役社長に就任
  • 1998平成10年岡山県浅口郡里庄町へ工場を移転
  • 2009平成21年石井基広が三代目取締役社長に就任、杉本知之が取締役会長に就任
  • 2012平成24年杉本知之が会長を辞任
Page Top